決済代行サービスの効果的な使い方

上手に利用したい決済代行サービス

仕組みを理解しよう

自営業の小売店といった小規模な店舗を除けば、最近では多くの店舗でカードによる支払いが可能です。 クレジットカード、交通系ICカードなどその種類は様々です。 ビジネスチャンスを拡大していくには、これらの決済方法をたくさん用意しておくのが一つの手段になってくるといえます。

続きを読む

様々な決済方法

消費者の視点では、決済代行サービスという言葉は耳なじみがないかもしれません。
なぜならこのサービスは、払う側ではなく払われる側にとって役立つシステムだからです。
ですから事業主の方にとっては、覚えておきたいものといえるでしょう。

例えばお客さんがお店で商品を購入して、そのお店で利用できるクレジットカードで代金を払ったとしましょう。
このとき商品の購入者はクレジットカード会社の口座に代金を引き落とします。
そしてそのクレジットカード会社の加盟店であるお店のほうに代金が入金される仕組みとなっています。

お店がクレジットカード会社の加盟店となるにあたっては個別に契約を結ぶことも考えられます。
しかし後でも述べるように個別契約にはいろいろと煩雑な手続きが必要となってくるのです。

そのような場合に決済代行会社を利用することで手続きが簡便になるのです。
また一つの決済代行会社と契約を結ぶことで、複数のくれ時とカード会社のシステムを利用したり、コンビニ決済など他の決済システムを導入することも可能となるのです。

決済代行サービスを利用した場合、販売者はクレジットカード会社ではなく、決済代行会社とやり取りをすることとなります。
販売店が購入情報を決済代行会社に送り、決済代行会社は購入者が振り込んだ代金から自社の手数料を差し引いたうえで販売店に入金します。
複数のカード会社と個別に契約すると、この入金がバラバラに行われるのですが、決済代行サービスではこれらを一括で行ってくれるので経理が非常に楽になるのです。

ネット通販での導入

販売形態が様々あるなかでネット通販は利用者が増えてきています。 ネット通販では、直接現金の授受ができないため、決済システムの導入が不可欠となります。 そのためカード会社やコンビニ会社と契約を結ぶ必要が出てきます。 そのとき決済代行サービスを利用することで多くの手間を省くことができます。

続きを読む

様々な効果の数々

事業者が決済代行サービスを利用することは一種のアウトソーシングと言えるかもしれません。 アウトソーシングをすると、会社本来の事業に集中して取り組むことが可能となります。 それが実現できれば経営も好転し、色々な面で効果をもたらしてくれるでしょう。

続きを読む